更新日:2020年07月31日

公開日:2013年08月13日

生着率って何?

植毛の生着率は何の数値

 

植毛サイトを見ていると生着率(=発毛率)という言葉が多く出てきていませんか?
これも施術後の効果を表す言葉として、大きい不安要素の一つとして挙げられると思います。

 

ちなみに生着率とは施術から1年後、結果どれくらいしっかり生え残っているかというものを数値(%)で表したものを言います。

 

植毛の生着率を測定する方法

 

ただし判断の基準とされているものはあくまで印をつけた部分の結果でしかありません。

 

それは全ての頭髪から残っている本数を数えたり、また植毛した部分にだけ印をつけてどれくらい残っているかを調べたりした結果というわけではないんです。

 

生着率については、どのクリニックをみても「90%以上」を謳っていて、この数字から安心できるとさえ思えるかもしれませんが、一概にそうとも言い切れません。

 

実際1年後の数値(%)がどのように出ても、その1年間の過ごし方というものは人それぞれの生活スタイルや環境、体質や食事、ヘアケアへの取り組みなど個人個人まったく違うわけです。

 

生着率を下げる恐れのある方

  • 仕事が忙しく、生活リズムがバラバだった
  • 仕事で食事時間もままならなかった
  • たばこを以前と変わらず吸っていた方
  • 生えてくるまで不安でカツラを毎日着用されていた方
  • お酒の付き合いが多かった方
  •  

    生着率が上げられる可能性のある方

  • できる限りの食事の見直しをしてみた方
  • たばこの本数を減らしたり、この機会に禁煙に取り組んだ方
  • 毎日着用していたカツラを適度に外す取り組みをした方
  • お酒の付き合いの場でのお酒を控えた方
  • 適度な運動に取り組まれた方
  • シャンプーの見直しや頭皮マッサージに取り組まれた方
  • 育毛剤・育毛タブレットの服用をされた方

 

ですからあくまで平均値90%以上ということです。
ただ根本的に実症例やデータがないのに謳うことだけをしているわけではありません。

 

つまり生着率を表す数値とはこういった検査方法を踏まえての数値であることを理解していただいた上で、クリニック選びの参考にしていただければと思います。

 

逆を返せば個人個人これだけ様々な1年間を過ごされた上で平均値90%以上が発毛するわけですから、生活習慣をできる範囲で見直すことで、この数値をあげることも個人個人で十分可能だということです。

 

生着率を上げる過ごし方については生活習慣4つの改善で詳しく解説しています。