更新日:2020年07月31日

公開日:2013年08月13日

植毛手術に最適な時期や季節はいつ?

自毛植毛の手術を受けようと考えた場合、植毛の効果が得やすい時期や植毛に適した季節があるのかといった点もちょっと気になるところかもしれません。

 

その2つ点について解説してみたいと思います。

 

植毛効果が得やすい時期

 

率直にお伝えするなら「思い立ったが吉日」ということわざがあるように、そう思ったその時が最適な時期であることに間違いはありません。

 

えっ、そんなことかと思われるかもしれませんが、いえいえこれにはしっかりとした根拠があるんです。

 

色々悩んだり考えてしまったりして行動を後回しに遅らせてしまうことがストレスによる髪への悪影響を及ぼしてしまい、結果として薄毛の進行を早める原因にもなってしまうということがあげられます。

 

そのためにはまず、メール相談や無料のカウンセリングで専門家や医師のアドバイスを直接聞いてみることがおすすめです。

 

これは自毛植毛の手術を受けるか受けないかは別として、今まで行なってきたヘアケアのことや今後の髪への取り組みへの大きな一歩になります。

 

メール相談であれば、やはり早い回答がもらえるクリニックを選ばれることがおすすめです。
実際問い合わせてみても全く返答のいただけないクリニックもありますので。

 

→( クリニック直接回答メール )をぜひ参考になさってください。

 

自毛植毛に適した季節

 

これは春夏秋冬、どの季節に受けられても効果に違いはありません。

 

夏の発汗が激しい時期に受けることで髪の定着率が下がることもなく、冬の寒さが厳しく乾燥した時期に受けると発毛効果が低下するなどといった報告は今までに例はありません。

 

これは実際に自毛植毛の手術を受けられた方のご意見でよくあるものですので参考になると思いますが、発毛効果が得られる期間から逆算して考えていらっしゃる方が多いことです。

 

実際に自毛植毛の手術を受けてからの効果は、生え始めるのに3〜4ヶ月かかります。

 

それから毛周期に合わせ髪は1ヶ月に約1センチずつ伸びますので、極端な長髪やロン毛を望まれていなければ10ヶ月でおよその髪が生え揃う計算になります。

 

就職やお祝い事、お子さんやお孫さんの入学や卒業式などから逆算してみるのも適した季節や時期の目安になると思います。

 

副作用や後遺症を考えた場合

 

上の2点は得られる効果に着目しましたが、こちらは副作用や後遺症などの点から考えた場合の時期や適切な季節について解説してみたいと思います。

 

植毛手術を受けられると副作用や後遺症、また生活習慣においての制限があります。

 

 

これらの副作用や後遺症を考えた場合、できれば中長期のお休みがとれるゴールデンウィークやシルバーウィーク、お盆休みや年末年始などに余裕をもって受けてみることがおすすめです。

自毛植毛に最適な時期や季節を徹底解説

 

ただしこの時期にはスケジュールが集中してしまい希望の日に受けることが困難ということも考えられます。

 

まずは無料カンセリングで直接相談アドバイスを受けられることが大きな第一歩になるのではないでしょうか。