更新日:2020年07月31日

公開日:2013年08月13日

生え際部分の植毛 費用と本数

生え際部分への自毛植毛

生え際部分への自毛植毛

【移植株数の目安】400から800株

【本数に換算して】1000から2000本

1000本による費用を比較
  基本治療費 1000本費用 合計
ヨコ美クリニック 0円 約32万円 約32万円
TOMクリニック美容外科 35万円 約3万円 約38万円
アスク井上クリニック 18.5万円 約28万円 約47万円
親和クリニック 20万円 約36万円 約56万円
アイランドタワークリニック 20万円 約48万円 約68万円
2000本による費用を比較
  基本治療費 2000本費用 合計
TOMクリニック美容外科 35万円 約24万円 約59万円
ヨコ美クリニック 0円 約64万円 約64万円
アスク井上クリニック 18.5万円 約56万円 約75万円
親和クリニック 20万円 約72万円 約92万円
アイランドタワークリニック 20万円 約96万円 約116万円

 

生え際に関して「薄くなったなぁ」と感じるころには、実は思っているよりも全体的に少しずつ薄毛が進行している場合があると考えていいかもしれません。

 

男女問わず生え際に関しての悩みで多く挙がるのは薄毛に直結した悩みよりも、見た目やデザイン、ファッションに関すること、特に女性の悩みの声を多く聞きます。

 

「生え際のラインがもう少し○○だったら‥」
「生え際が○○なのが気になるなぁ‥」

 

このような場合も植毛を行なうことでヘアラインを修正したり、好みのデザインのスタイルに仕上げることは十分可能です。

 

もちろん今まで髪の毛のなかったところへ植毛をしても、抜けたりすることなくしっかりと生えてきますので全然大丈夫です。

 

生え際の部分的な修正であればかかる費用も抑えられますし、およその目安は1000本〜2000本程度で考えて十分だと思います。

 

ただし髪の生えている密度は人によって多い方もいれば少ない方もいますので、本数はあくまで参考程度になさってください。

 

また生え際を修正するだけの植毛であれば1000本前後の少ない本数で抑えることができますが、他の部位と違って特に慎重になる必要があります。

 

他の部位というのは髪を流して隠すことができたり、髪の間にあるもので自然さや密度、ラインといった部分にさほど目線が行くことはありません。

 

ですが生え際に関してだけは、直接的に目が触れることが多い部分でもあるので、デザインや生え際のラインといった面においては特に慎重になる必要があるわけです。

 

生え際への自毛植毛 しっかりとした打ち合わせ

このようなことを回避する方法としては、手術前の段階での綿密な打ち合わせにしっかり時間をかけ、納得のいくまで相談をすることしか方法はありません。

 

後々「やっぱり、もう少しこんな風に‥」とならないためにもここには十分に時間をかけましょう。

 

もちろん、こういった症例に数多く携わっているクリニックを選択されることが一番の方法であることに違いありません。

 

またクリニックによっては実際の体験者からアドバイスをいただけるところもあります。

 

植毛手術後の今現在の状況を実際に見せてもらえるので、ぜひそういったクリニックを選ばれることをおすすめいたします。

生え際の植毛に適した手術法

植毛クリニックによっても扱う術式にはそれぞれ違いがあり、独自の名称で宣伝されていることがほとんどですが、大きくわけて2つのタイプに分けられます。

 

  • メスで切り込みを入れて植え込む「FUTスリット法」
  • パンチでホールを作り植え込む「FUEくり抜き法」

 

FUTスリット法

頭皮に切り込み(スリット)を入れて採取した移植ドナーを植え込みます。

 

そのため広範囲である頭頂部への自毛植毛に向いている術式として多く用いられています。

 

FUEくり抜き法

頭皮に小さなホール(穴)をあけて、移植ドナーを植え込む手術法です。

 

もともとある髪の毛の流れや向きに合わせて植え込むことが可能なため、より自然でナチュラルな生え際をつくることに向いている術式として用いられています。

 

FUEくり抜き法をベースとした術式を扱うクリニックは以下のとおりです。

40代女性(生え際)施術前日と翌日のインタビュー(5:23)

  • 以前に試した治療法は?(0:43〜)
  • 親和クリニックを選んだ理由は?(1:52〜)
  • 先生やスタッフの対応は?(2:06〜)
  • 施術翌日の様子(2:36〜)
  • 施術を受けてみた感想(3:41〜)
  • 施術部分へのケアや仕上がりの感想(4:02〜)
  • 術後のアフターケア 傷みについて(4:24〜)
  • 手術を終えて期待していること(4:58〜)

 

 

術式を選ぶときの注意点

FUTスリット法もFUEくり抜き法も、細かなデザインや自然な生え際をつくることが可能な術式なのですが、大きな違いはその移植ドナーの採取法にあります。

 

どちらの術式も移植ドナーは後頭部より採取することに変わりないのですが、問題は術後の後遺症として傷跡が残るという点です。

 

FUTスリット法は後頭部の頭皮を帯状に切り取って採取するため、目視でもわかりやすい頭皮を縫い合わせた線状の縫合痕が残ります。

 

FUEくり抜き法は1本1本間引きしながらくり抜いて採取するため、目視では極めてわかりにくいくり抜き痕が残ります。