更新日:2020年09月30日

公開日:2013年08月13日

頭頂部(てっぺん)の植毛 費用と本数

頭頂部(O型)

頭頂部(U型)

頭頂部てっぺん部分の自毛植毛

【移植株数の目安】1600から2000株

【本数に換算して】4000から5000本

頭頂部への自毛植毛

【移植株数の目安】2000から3000株

【本数に換算して】5000から7000本以上

4000本による費用を比較
クリニック 基本治療費 4000本費用 合計
TOMクリニック美容外科 35万円 約77万円 約112万円
ヨコ美クリニック 0円 約128万円 約128万円
アスク井上クリニック 18.5万円 約112万円 約131万円
親和クリニック 20万円 約144万円 約164万円
アイランドタワークリニック 20万円 約192万円 約212万円
5000本による費用を比較
クリニック 基本治療費 5000本費用 合計
TOMクリニック美容外科 35万円 約96万円 約131万円
アスク井上クリニック 18.5万円 約140万円 約159万円
ヨコ美クリニック 0円 約160万円 約160万円
親和クリニック 20万円 約180万円 約200万円
アイランドタワークリニック 20万円 約240万円 約260万円

 

男性型脱毛症は、原因となる男性ホルモンの影響を受けやすいM字部分が薄く深くなるM型タイプとおでこが広くなるU型タイプ、そして頭頂部(てっぺん)が薄くなるO型の大きく3つのタイプに分けられます。

 

M字部分の薄毛は白人男性に多く、頭頂部の薄毛は日本人に多いと言われています。

 

頭頂部の髪の毛は抜け毛とともに細くコシがなくなってくると、地肌が見えてしまい余計に薄さが目立ってきてしまいます。

 

頭頂部から薄くなりはじめると、正面からではそう感じないのですが電車やバスなど座ることの多い現代ではついつい目線が気になってしまいがちです。

 

実際自分で薄くなったと気づくより、家族や身近な方から言われて気づかれた方のほうが多いのではないでしょうか。

 

男性型脱毛症でも頭頂部にはミノキシジルやプロペシア(フィナステリド)といった薬で効果があると服用されていた方もいらっしゃると思います。

 

しかし薬の服用や塗付では男性型脱毛症の根本的な解決にはならいのはもとより、やめた時点で効果がなくなってしまうという大きなデメリットがあります。

 

それまで費やしていた薬代という医療費がすべて水の泡になってしまうわけです。

 

頭頂部への植毛は場合によっては広範囲になり4000本以上ということも考えると費用も大きく掛かってしまいますが、後頭部や側頭部から採取する髪の毛は男性型脱毛症の影響を受けにくいため生涯にわたって生え続けてくれるという最大のメリットをもっています。

 

植毛するにあたっては当然移植するための髪の毛を後頭部から採取しなければなりませんが、一度に採取できる本数にはある程度限界があると言われています。

 

植毛も大きく2つの手術法でFUT法とFUE法というものにわけられますが、どちらを選択しても場合によっては一度では全て植毛できないかもしれないということです。

 

だからといって偏った植毛をするということではありません。

 

後頭部の頭皮マッサージ法

 

一回目は密度を抑えて、そして月日を空けて再度また望む必要があるかもしれないという点だけ抑えておいてください。

 

回数をわけて手術を行なう理由のひとつに、頭皮が固く移植毛が採取しにくいということがあります。

 

日頃から全体的な頭皮のマッサージはもちろん、後頭部の頭皮を柔らかくしておくとより多くの移植毛が採取でき植毛本数を増やすことが可能になるかもしれません。

 

↓↓↓

 

>>大量植毛でも日帰りできるクリニック<<

TOPへ