実は知られていないハイブリッド植毛i-SAFE法のメリットとデメリット

MENU

更新日:2018/06/22

ハイブリッド植毛i-SAFE法のメリットやデメリットを紹介

i-SAFEハイブリッド植毛のメリット・デメリット

ハイブリッド植毛i-SAFE法のメリットとは

 

仕上がりが圧倒的に違う

従来の手術はクリニックが扱う方法ひとつを用いることに限られますが、このハイブリッド植毛i-SAFE法では全ての方法のいいとこ取りをすることで仕上がりに圧倒的な違いを出すことに成功しています。

 

自毛植毛技術の総力が集結

FUTスリット法とFUEくり抜き法、針を用いたニードル法など患者の症状に合わせて術式を使い分けて行ないます。

 

身体への負担が少ない

ハイブリッド植毛i-SAFE法は、一般的な手術よりもメスを使う範囲が少ない、または全く使用しないため術後の痛みや違和感、傷跡を気にする必要がほとんどありません。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法のデメリットとは

 

痛みに差が出る可能性

ハイブリッド植毛i-SAFE法は複数の術式を併用することでより快適で安全な自毛植毛を追及した方法ですが、やはりメスを使った場合には部分的に痛みを感じる可能性が全くないとは言えません。

 

傷跡が残る可能性

メスを使うFUT法の良い所を採用した場合には、ハイブリッド植毛i-SAFE法であっても傷跡が残ってしまう可能性があります。

 

術後の違和感

どの術式を選択した場合であっても、身体に傷がつけば治るまでの間に違和感が残ります。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法はその違和感を最小限に抑えることにも重点をおいたハイブリットとされていますが、多少のかゆみや違和感は否めないようです。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法のメリット・デメリットのまとめ

自毛植毛で行なう術式の中でも特化して先進と呼ぶにふさわしいハイブリッド植毛i-SAFE法ですが、FUT法が持つデメリットは多少であれ症状に表れてしまいます。

 

しかし一般的なFUT法の術後の経過や発毛効果、そして見た目の雰囲気などを比較した場合にはその違いがはっきりと実感できるはずです。

ハイブリッド植毛i-SAFE法の良い口コミや悪い評判を紹介

ハイブリッド植毛i-SAFE法に関する良い口コミ

 

1度に大量の植毛ができた

1度の手術で約4000株、毛髪量にして約10000本の移植ができ、薄毛の悩みが一気に吹き飛び大変満足している。

 

時間が早い

生え際だけの少ない植毛でしたが、手術時間約1時間ととても短い時間で済んだ。

 

生着率が良い

生着率95%と言われているが正にその通りで、手術後薄毛に対して心配することがなくなった。

 

カウンセリングが丁寧

自毛植毛に違いはあれど安価な手術ではありませんし一番人目につきやすい部分なので不安が大きかったが、納得できるまで付き合ってもらえたので安心して手術に望めた。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法に対する悪い評判

 

費用が高い

最新技術なので当然かもしれないが、やはり費用は高額になった。

 

術後に違和感を感じた

元々痛いことが苦手ということもあるが、切った部分に少し違和感を感じた。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法の良い口コミ・悪い評判のまとめ

メスを使わないFUE法をさらに進化させた方法と言われるハイブリッド植毛i-SAFE法は手術や術後の身体への負担も少なく、現在行なわれている自毛植毛の中では最新型だと言えます。

 

やはり費用が高いといった意見が多いですが、身体への負担が軽いことや安全性を考えると勝るものはないのかもしれません。

 

さらに進化を遂げたハイブリッド植毛i-SAFE法 Vr.2【公式サイト】

ハイブリッド植毛i-SAFE法の特徴や手術内容を解説

ハイブリッド植毛i-SAFE法とは

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法はアスク井上クリニック独自の手術法で、メスを一切使用しないFUE法とメスで切るFUT法を組み合わせより多くの髪の毛を植毛できる術式です。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法の特徴

 

最大の特徴は従来ある様々な植毛手術法の良いところをかけ合わせて行なうことで、患者の症状それぞれに合った手術法を選んで行なうことができます。

 

またいいとこ取りをすることで1度の手術を短時間でより大量の自毛植毛が行なうことができ、今までにない仕上がりを実感できる最先端の自毛植毛手術法と言えます。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法のドナー採取法

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法も、一般的な自毛植毛法と同様に後頭部から移植毛を採取します。

 

FUT法やニードル法を用いた場合には頭皮を切り取り、FUE法を用いた場合には切らずにくり抜く方法で採取を行ないます。

 

アンシェーブン(刈らない)i-SAFE法のドナー採取法

 

通常は刈り上げて移植毛の採取を行ないますが、刈らずにそのまま採取するアンシェーブンi-SAFE法という方法があります。

 

採取部分を刈り上げてしまうと術後に隠すためのカバーリング処理が必要になりますが、アンシェーブン法は刈らずに採取を行なうため来た時そのままの状態を保つことができます。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法の植え込み方法

 

用いた術式に合わせた植え込みを行ないますが、ハイブリッド植毛i-SAFE法では極小マイクロレベルのスリットまたはホールを作り陰圧で移植を行ないます。

 

そのため移植毛よりもホールが大きいといったゆるゆる現象がなく、圧倒的な生着率を実現することが可能です。

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法を扱うクリニック

 

ハイブリッド植毛i-SAFE法の費用について

1グラフト980円 基本治療費 移植費用 合計
400G(1000本) 18.5万円 約39万円 約57.5万円
800G(2000本) 18.5万円 約78万円 約96.5万円
1200G(3000本) 18.5万円 約117万円 約135.5万円
1600G(4000本) 18.5万円 約156万円 約174.5万円
2000G(5000本) 18.5万円 約195万円 約213.5万円

※1グラフトは2.5本で換算しています

カウンセリング費用 無料
血液検査 無料
ヘアチェック診察費用 無料
施術当日の往復交通費 手術費用の3%を補助
施術当日のホテル宿泊費 手術費用の3%を補助
モニター割引き 詳細は要確認
家族割引 (親子・兄弟まで)手術費用の15%オフ

アスク井上クリニック 5月の割引キャンペーン

アスク井上クリニックの9月の割引きキャンペーン

 

【人気ページ】もっとある割引特典!まだまだ費用は安くなる活用術!

  • クリニック限定の交通費や宿泊費全額キャッシュバック特典
  • 当ウェブサイトから申し込まれた方だけの特別単価サービス

アイランドタワークリニック交通費も宿泊費も全額無料

ハイブリッドi-SAFE法を動画で紹介