実は知られていないボズレー式自毛植毛のメリットとデメリット

MENU

更新日:2017/08/14

ボズレー式自毛植毛のメリットやデメリットを紹介

ボズレー式自毛植毛のメリット・デメリット

ボズレー式自毛植毛のメリットとは

 

自然な仕上がりが実現できる

マイクログラフト(1本から2本生えている束)とバリグラフト(それ以上生えている束)を組み合わせて移植するので、違和感のない極めて自然な髪の毛の流れを可能にします。

 

すべて手作業なので安心

ボズレー式はFUT法をベースに改良した術式なので、手術はすべて手作業で行われます。
細かい部分も顕微鏡を使いながら、自然な仕上がりになるよう調整することができます。

 

毛根へのダメージが少ない

ボズレー式では顕微鏡を使ってドナー髪を採取するため、その後の発毛に必要な移植毛の毛根にダメージを与えません。

 

頭皮ごと毛髪を切り取るため、毛根の切断が少なくドナーロスも起きにくいというメリットがあります。

 

毛根の生着率が非常に高い

ボズレー式は毛包単位での植毛手術で、移植した後の発毛率がとても高いことで知られています。

 

移植した毛根がすべて生着することはありませんが、ボズレー式では毛根の生着率が95パーセント以上という非常に高い数値を実現しています。

 

ボズレー式自毛植毛のデメリットとは

 

執刀医の熟練度に大きく左右される

ボズレー式はドナー髪の採取から移植毛の選択、もちろん植え込みに至るまで他の術式と比べても非常に繊細で高度な技術が必要とされます。

 

そのため仕上がりは執刀医の技量によって大きく左右されてしまうデメリットがあります。

 

現在の日本でボズレー式自毛植毛を扱うクリニックは非常に少ないですが、評判や実績など慎重に判断するようにしましょう。

 

傷跡が残る可能性がある

ボズレー式はFUT法を改良した術式なのでメスを使う植毛手術です。
そのため、後頭部に目視で確認できる縫合痕が残ってしまう確率は高いといえます。

 

手術に時間がかかる

手術がすべて手作業なのはもちろん、移植部分に合わせたグラフトを選別しながら手術を行なうため、他の術式と比べるとかなり時間がかかります。

 

植毛費用が高額

ボズレー式はすべて手作業で行われる手術方式です。
そのため、他の手術方法と比べより多くの人件費がかかるため費用が高くなってしまいます。

 

ボズレー式自毛植毛のメリット・デメリットのまとめ

 

ボズレー式自毛植毛の最大のメリットは極めて自然な仕上がりであるということです。

 

生え際と頭頂部では髪質も太さも違うことから、薄毛部分に合わせたグラフトの大きさや質のものを選択することによって実現できる術式であると言えます。

 

ただし術式の基本はFUT法であることから、移植毛の採取で後頭部への縫合痕が残ってしまうデメリットは変わりなく存在します。

ボズレー式自毛植毛の良い口コミや悪い評判を紹介

ボズレー式自毛植毛に関する良い口コミ

 

外見以上に内面も変わりました

以前は薄毛が気になって気になって仕方なく、何よりも薄毛を気にしている自分自身が一番嫌でした。

 

そんな鬱々としている時にボズレー式植毛に出会い、手術後に自分の髪が成長する喜びは経験した者にしかわからないかもしれません。

 

私の場合、外見以上に内面が変わった気がします。

 

自然な仕上がりに満足です

ボズレー式という術式を知ったのはつい最近なのですが、仕上がりが自然だということで思い切ってチャレンジしてみました。

 

仕上がりには本当に満足していて、以前よりも堂々と出歩けるようになりました。

 

丁寧なカウンセリングに安心しました

植毛手術は初めてで緊張していたのですが、手術前にとても丁寧にカウンセリングと説明をしていただいたおかげで、とてもリラックスして手術に臨むことができました。

 

ボズレー式自毛植毛に対する悪い評判

 

後頭部に傷跡が残った

手術後に見てみると、後頭部に線状の傷跡が残ってしまいました。
髪を短くしなければ目立たない程度ですが、バレたりしていないか気になってしまいます。

 

手術時間が長かった

思ったよりも手術に時間がかかりましたが、仕上がりには本当に満足しています。

 

費用が高額だった

高額になるのは説明されていましたが、やっぱり高いというのが正直な感想です。

 

ボズレー式自毛植毛の良い口コミ・悪い評判のまとめ

良い口コミにはやはり仕上がりに関する満足のコメントが挙げれています。

 

その反面、丁寧で慎重な作業ゆえに手術により多くの時間がかかってしまったという不満の声も聞かれました。

 

ただ近年では自毛植毛の技術も日々進歩し経験豊富なドクターも増えていることから、他の術式とくらべてもあまり変わりないのではと思います。

 

ではFUT法ではボズレー式自毛植毛のようにグラフトや髪質に関係なく移植してしまうのかと言われればそうではありません。

 

もちろん執刀医にも多少の差はありますが、最低限度の選別は行なって移植はされていますので、FUT法でもボズレー式自毛植毛と変わらない手術時間はかかっていることでしょう。

ボズレー式自毛植毛の特徴や手術内容を解説

ボズレー式自毛植毛とは

 

ボズレー式自毛植毛はFUT法という植毛技術をベースに、さらに自然な仕上がりになるよう改良された植毛法のことをいいます。

 

FUT法はメスを使って行う術式で、現在でも世界的に最も主流とされている自毛植毛技術です。

 

ボズレー式は毛髪1本から2本の株単位であるマイクログラフトと、大きさや太さの異なる毛髪を組み合わせたバリグラフトを併用することで、見た目の自然さを追求した術式です。

 

L・リー・ボズレー博士が提唱したことから、その名前がつけられました。

 

日本ではまだ知名度の低い術名ですが、アメリカではごく一般的に知られている術式なんです。

 

ボズレー式自毛植毛の特徴

 

ボズレー式自毛植毛は、「マイクログラフト」と「バリグラフト」を併用することで、違和感のない極めて自然な風合いに仕上げられることが最大の特徴です。

 

  • マイクログラフトとは毛髪1本から2本を1株とするグラフト
  • バリグラフトとは大きさや太さの異なる3本から4本の毛髪を組み合わせたグラフト

 

ヘアラインにはより自然に見えるようマイクログラフトや細いドナー毛を使用し、ボリュームの必要な頭頂部やつむじ部分などには太く大きなバリグラフトを使用することで極めて自然な仕上がりになるような工夫を施しています。

 

このため、生え際から頭頂部にかけて最も自然なグラデーションを再現することが可能な術式であると言えます。

 

ボズレー式自毛植毛のドナー採取法

 

移植毛を採取する方法は基本的にFUT法と同じやり方で、後頭部や側頭部から頭皮ごと帯状にメスで切り取り移植毛を採取します。

 

その後は顕微鏡をつかって1毛包ずつドナーを切り分け移植毛を作成するので、貴重なドナーの毛根にダメージを与えてしまう心配がありません。

 

ボズレー式自毛植毛の植え込み方法

 

ドナー髪の植え込みもFUT法と同様に顕微鏡やピンセットを使用し、植毛する頭皮にメスで切り込みを入れて植え込みを行ないます。

 

FUT法との大きな違いは植え込む髪のタイプや大きさ、太さによって植え込む箇所を選択する点にあります。

 

生え際には細い毛や1本から2本を1株とするマイクログラフトを選び、ボリュームが必要な箇所には太い毛の3本から4本を1株単位とするバリグラフトを選ぶことで自然な仕上がりにしていきます。

 

ボズレー式自毛植毛を扱うクリニック

 

ウェルネスクリニック(東京、大阪)

アイランドタワークリニック 8月の割引キャンペーン

アイランドタワークリニックの割引きキャンペーン8月

 

【人気ページ】もっとある割引特典!まだまだ費用は安くなる活用術!

  • クリニック限定の交通費や宿泊費全額キャッシュバック特典
  • 当ウェブサイトから申し込まれた方だけの特別単価サービス

アイランドタワークリニック交通費も宿泊費も全額無料

同じ立場だったからこそわかる不安や悩みを的確にアドバイス

自毛植毛 アイランドタワークリニック新宿院 専任アドバイザー

カウンセリングを担当する専任アドバイザーの皆さんは、実際にアイランドタワークリニックで自毛植毛を体験された方々なんです。

 

植毛後から今現在の状態や経過なども見せてもらえますし、何より実際にクリニックで植毛を経験された方の声が一番の不安を解消することにつながるはずです。

 

薄毛の状態やその症状は人それぞれ違いますので、今現状の不安やヘアケアのことなど色々相談してみることがまず第一歩です。

 

医学的根拠に基づいてしっかりとアドバイスしてくれますので、ぜひ一度足を運んでみてください。

 

コチラからお気軽にお申込みください


※時期によってはご希望の予約が取りづらいこともありますのでお早めにご連絡ください。

新宿院

東京都新宿区西新宿6−5−1 アイランドタワー5階

 

大阪院

大阪市北区曽根崎2−6−6 コウヅキキャピタルウエスト7階

 

名古屋院

名古屋市中村区名駅4−24−8 EME名古屋ビル7階

 

福岡院

福岡市中央区今泉1−22−20 アベニュー天神6階